SCOTTSDALE

Archives

1017

先日購入した TaylorMade M3 を色々いじり倒しています。

m3-51.jpg

今回は究極のウェイトポジションで使ってみました。究極のウェイトポジションは2つのウェイトを両方とも一番前に並べる位置です。

これをやってみてどんな球筋に変わったかというと...

続きを読む "ドライバーの重心が前過ぎると" »

1016

みなさんロブウェッジが難しいと思っていませんか?

60deg.JPG

確かに使い方によっては難しいのですが、フルショットをしないでグリーン周りだけで使ったらかなり使える場面が多いです。

ただ使い方を間違うとダルマ落としになったり、トップしたりするので注意が必要です。

続きを読む "ロブウェッジ(60度)の勧め" »

1015

前回のラウンドでしっかり評価ができなかった FOURTEEN CT518 ですが、シャフト交換をしてみることにしました。

ct18-1.jpg

今回は今のエースシャフトの TourAD TP-7s ではなく、ヘッド形状の感じから短くすることがちょっと疑問だったので、長くできる TourAD TP-6x に変更です。

前回のラウンドでは飛距離の可能性をかなり感じられる感触だったものの、少し FOURTEEN DT112 よりもつかまりが悪く(TourAD DI だったためと思われる)、今回のシャフトにすることが必要でした。

続きを読む "FOURTEEN CT518 に TourAD TP-6x" »

1012

ここのところまたボールのつかまりが悪いな...と感じることがありました。

kata.PNG

ですが以前のようにそれが出始めたらずっとそうなってしまうということも無くて、最近は自分への処方箋ができています。

今回は比較的早めに対処できました。どんな感じがどんな風に直ったかというと...

続きを読む "体がきちんと回っていなかった" »

1011

ラフから打った時にどんな球が出るのか?色々考えさせられますよね。

rough.JPG

フライヤーを気にしなければならないし、芝が絡んで左に行くこともあったり、それを気にし過ぎて右にいったり...。

さらにはフライヤーした球がどんな球筋で飛んでいくのか?いつも考えてしまいます。

続きを読む "そのラフからどんな球が出るのか?" »

1010

現在のエースドライバーは FOURTEEN DT112 なのですが、ご存知の通り2種類の違うシャフトの重さと硬さと長さで使っています。

length-1.jpg

1本は TourAD TP-7s の 45インチ仕様。もう一本は TourAD TP-6x の 45.5インチ仕様になっています。

ではどちらが安定しているかというと、明らかに45インチの TourAD TP-7s の方です。

続きを読む "0.5インチの差は意外と大きい" »

1009

ついに TourAD VR シリーズが発売になりました。

vr-1.jpg

ツアーでは結構使っている人を見かけるようになりましたね。自分も少し前に打つチャンスがあったのですが、少し今使っているシャフトとは違った特性を持った感じです。

どんな感じだったかというと...

続きを読む "GRAPHITE DESIGN TourAD VR シリーズ" »